介護・保育人材の採用と離職率の低下に使えます(人材確保等支援助成金)

『処遇改善加算に加えて、助成金活用の可能性があります』

(人材確保等支援助成金)

 

この助成金は、介護・保育事業主の皆さまが、介護・保育労働者の人材不足解消 のため、賃金制度の整備などを通じて労働者の職場定着促進に取り組んだ場合に支給するものです。

助成金支給は最高3回、最大で230万円受給の可能性があります。(生産性要件を満たした場合)

さらに、制度を導入し助成金の受給後、処遇改善加算にも対応することが出来ますので、処遇改善加算の申請もご検討されている場合は、弊所までご相談ください。(すでに加算Ⅰを取得されている場合は、対象外)

メールでのお問合せはこちらから!

お電話は045-321-2221(平日:9:00~20:00 土日祝日も承ります)

 

貰える助成金の金額

 A 制度整備助成 50万円

 B 目標達成助成 57万円(生産性要件を満たした場合は72万円)

 C 目標達成助成 85.5万円(生産性要件を満たした場合は108万円)

 

支給要件

A 制度整備助成 50万円

介護・保育事業主が介護・保育労働者の職場への定着の促進に資する賃金制度の整備

(職務、職責、職能、資格、勤 続年数等に応じて階層的に定めるものの整備)を⾏い、

実 施した場合に制度整備助成(50万円)を支給します。

B 目標達成助成 (第1回) 57万円

Aに加え、賃金制度の適切な運用を経て、介護・保育労働者 の離職率に関する⽬標を達成した場合、

計画期間終了1年 経過後に目標達成助成(第1回)(57万円(生産性要件を 満たした場合は72万円))を支給します。

C 目標達成助成 (第2回) 85.5万円

Bに加え、賃金制度の適切な運用を経て、介護・保育労働 者の離職率に関する⽬標を達成した場合、

計画期間終了3 年経過後に目標達成助成(第2回)(85.5万円(生産性要 件を満たした場合は108万円))を支給します。

 

横浜市にも多くの介護・保育施設がありますが、処遇改善加算に取り組んでいない事業者様もいらっしゃいます。

制度も変わり、取り組みの検討をしている事業様は、ぜひ助成金の活用も併せてご検討ください。


どのような助成金がもらえるのか?無料助成金相談実施中!どのような助成金がもらえるかわからない方のための安心プラン
成功報酬キャンペーン!助成金がもらえない場合、費用は頂戴しません。