『外部講師の訓練費用等に使えます』

(人材開発支援助成金)

 

「人材開発支援助成金」は、雇用する労働者に対して職務に関連した専門的な知識および技能の習得をさせるための職業訓練などを計画に沿って実施した場合等に訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する制度です。

「一般訓練コース」では、職務に関連した知識・技能を習得させるための訓練のうち、特定訓練コース※に該当しない訓練について、幅広く助成することにより、中小企業における人材育成を促進することを目的としています。

※特定訓練コース:OJTとOFF-JTを組み合わせた訓練、若年者に対する訓練、労働生産性の向上に資する訓練など、訓練効果の高い10時間以上の訓練について助成するコースです。

支給金額

訓練内容、時間により助成金額が異なります。

弊所までお問合せ下さい。

支給要件

●Off-JTにより実施される訓練であること
(事業主または事業主団体等自ら企画・実施する訓練、または教育訓練機関が実施する訓練)
●実訓練時間が20時間以上であること
●セルフ・キャリアドック(定期的なキャリアコンサルティング)の対象時期を明記して規定すること(ジョブ・カードを活用することを推奨※1)(事業主に限る)
※1 活用することは要件ではありません。

 

教育訓練に関する助成金は非常に多岐にわたります。

ご活用を検討されている事業主様は、まず、弊所へご相談ください。

お問合せはこちらから!

TEL:045-321-2221