出生時両立支援コース(両立支援等助成金)

 

『男性社員の育休取得で助成金』

 

「両立支援等助成金」とは、労働者の職業生活と家庭生活を両立させるための制度の導入や事業内保育施設の設置・運営、女性の活躍推進のための取組を行う事業主等に対して助成する制度です。

「出生時両立支援コース」とは、男性労働者が育児休業や育児目的休暇を取得しやすい職場風土作りに取り組み、男性労働者に育児休業や育児目的休暇を取得させた事業主に対して助成する制度です。

お問合せはこちらから!

 

貰える助成金の金額

 

【男性労働者の育児休業1人目の育休取得】
①中小企業の場合
 57万円<72万円>
②中小企業以外の場合
 28.5万円<36万円>
【男性労働者の育児休業2人目以降の育休取得】
①中小企業の場合
・5日以上14日未満:14.25万円<18万円>
・14日以上1ヶ月未満:23.75万円<30万円>
・1ヶ月以上:33.25万円<42万円>
②中小企業以外の場合
・14日以上1ヶ月未満:14.25万円<18万円>
・1ヶ月以上2ヶ月未満:23.75万円<30万円>
・2ヶ月以上:33.25万円<42万円>
【育児目的休暇の導入・利用】
①中小企業の場合
 28.5万円<36万円>
②中小企業以外
 14.25万円<18万円>

<>内は生産性の向上が認められた場合

 

支給要件

【男性労働者の育児休業】
①男性が育児休業を取得しやすい職場づくりのため、★のような取組を行うこと。
 ★子が生まれた男性に対して、管理職による育休取得の勧奨を行う
 ★管理職に対して、男性の育休取得についての研修を実施するなど
②男性が子の出生後8週間以内に開始する連続14日以上(中小企業は連続5日以上)の育児休業を取得すること。

【育児目的休暇】
①子の出生前後に育児や配偶者の出産支援のために取得できる休暇制度を導入すること。
②男性が育児目的休暇を取得しやすい職場づくりのため、★に準じた取組を行うこと。
③上記の新たに導入した育児目的休暇制度を、男性が、子の出生前6週間または出生後8週間以内に合計して8日以上(中小企業は5日以上)取得すること。

 


どのような助成金がもらえるのか?無料助成金相談実施中!どのような助成金がもらえるかわからない方のための安心プラン
成功報酬キャンペーン!助成金がもらえない場合、費用は頂戴しません。